FX初心者にも分かるインカムゲインとキャピタルゲイン

FXをはじめとする投資を考えている方なら初心者や入門者であってもなんとなく投資に関する事を調べたり、初心者向けの入門書などを見たり読んだりしたことがあると思います。
その中には今まで見聞きしたことのない専門用語がずらりと並んでいて敷居が高く感じたと思われた方も多いのではないでしょうか。

そんな専門用語の中でも今回はインカムゲインとキャピタルゲインについて話をしていきたいと思います。
先ず、キャピタルゲインとは株や不動産を購入した人が後に売却する際、購入したときの価格より高く売る事で得られる“値上がり益”の事を言います。
例えば、1000万円の家を1500万円で売った場合は500万円、一株1000円の株を1500円で売った場合には一株500円の値上がり益、つまりキャピタルゲインとなります。
これが逆で1500万円の家を1000万円で売った場合は500万円の、一株1500ノ株を1000円で売った場合には500円のキャピタルロスという事になります。

一方のキャピタルゲインとは資産そのものを手放すこと無く利益を継続的に受け取る事が出来る事を言い、株だと配当金、不動産の場合だと賃貸収入で得られる家賃を指しています。

FXに置き換えてみると、インカムゲインとはスワップ金利の事で、配当金や利息がこれにあたります。
キャピタルゲインとは為替差益の事で、例えば米ドルを1ドル100円で購入したが売却時には101円で日本円を買い戻す事になった場合、1ドル当たり1円の損失が出ますが、この損失にあたり為替差益がキャピタルゲインとなります。

FXではインカムゲインも大きな魅力の一つで、長期的な投資を行っている投資家ほど重要視しています。
初心者がこのインカムゲインを狙う時は出来るだけ低レバレッジでスタートする事をお勧めします。
なぜなら、高レバレッジほどリスクも大きくなりますし、為替の変動によって生じてしまう損失に資金が耐えられない恐れもあるからです。

キャピタルゲインは先にも挙げた為替差益、つまり価格の変動によって生じるもので、大口の投資になる程、インカムゲインよりキャピタルゲインを重要視しなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>